知っておきたい口臭の基礎知識

口臭で悩んでいる方のために、口臭について役立つ情報をご紹介しています。
 

2014年10月25日

口臭の種類について

口臭というのは人それぞれ違います。

なぜかというと、人それぞれ生活環境や体内環境が違うからです。

口臭は、その人の生活している環境や習慣と深く関係しているのです。

口臭の種類は、いくつかに分けることができるのですが、主に、生理的口臭、食べ物による口臭、病気による口臭に分けることができます。

生理的口臭というのは、人間誰にでもある口臭をいい、朝起きた直後や、空腹時には口臭が強くなります。これは、睡眠中や空腹時には唾液の分泌量が少ないことが原因です。

ですから、生理的口臭は特に気にする必要はありません。

食べ物による口臭は、お酒を飲んだ後にお酒臭くなったり、ニンニクを食べた後にニンニク臭くなったりというように、食べ物のにおいが残って臭くなるという口臭です。

食べ物による口臭は、時間の経過とともに消えますので、これも特に気にする必要はありません。

病的口臭というのは、何らかの病気が原因の口臭を言います。例えば、歯周病や虫歯にかかっていたり、糖尿病や肝炎、胃潰瘍などの症状が口臭として現れることがあります。

この場合は、病気を治さなければ、口臭は消えませんので、早急に治療するようにしてください。

また、多くの病気はストレスが原因となっていることも多いので、ストレスを上手に解消するということも大切です。

ラベル:口臭の種類
【関連する記事】
posted by kousyu at 17:55| 口臭の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。