知っておきたい口臭の基礎知識

口臭で悩んでいる方のために、口臭について役立つ情報をご紹介しています。
 

カテゴリー:口臭の成分

2014年10月29日

口臭の成分と測定方法

口臭と聞いて思い浮かぶのは、「卵の腐ったような嫌な臭い」だと思います。

では、口臭というのはどのような成分でできているのでしょうか?

口臭を器械で測定してみると、3つの成分が測定できます。

まず一番代表的なものとしては、硫化水素があります。

「卵の腐ったような嫌な臭い」というのは硫化水素のにおいですね。

次に挙げられるのはメチルメルカプタンという成分で、これは血生臭いような魚臭いにおいなので、これも嫌なにおいですね。

3つ目の成分として、硫化ジメチルというのがあり、これもゴミ臭い嫌なにおいです。

器械で測定できる口臭の成分は、以上の3つの物質ですが、それ以外にもたくさんの物質が混ざり合って口臭というものを作り上げています。

口臭の測定方法は、先ほど説明した、器械で測定する方法以外に、歯科医師や歯科衛生士が臭いを嗅ぐ方法もあります。

口臭が強いと、人と話すときに出てくる息が相手を不快な気持ちにさせてしまうので、自分の口臭を気にする人、悩んでいる人も意外と多いようです。

そのような方は、是非一度、口臭測定をしてみてはいかがでしょうか?

バイオクリニックでは、口臭測定とカウンセリングを無料で行っています。

詳しくはこちら↓




ラベル:口臭の成分
posted by kousyu at 09:32| 口臭の成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。